個人向けレンタルサーバーの定番、さくらインターネット


個人でサイトを作ろうとしたとき、サーバー選びってのは悩ましいものである。
ネット上には有料無料問わずレンタルサーバーを運営している会社はたくさんある。
無料でスペースを提供しているレンタルサーバーでもwordpressは基本装備になりつつあるし、そういうところを選べば
『HTML?ここではリントの言葉で話せ』
な人でもポンッと個人サイトを建てることが出来る。

ただ、完全に無料ということは世の中には、特にインターネット上にはないというのが本当のところ。

  • 始めたはいいがブラウザで開いてみると広告だらけ
  • 広告メールが大量に届くようになった
  • 表示が遅い
  • メンテナンスがされてないっぽい気配がする
  • サポートに問い合わせても返事がこない

といった感じで、有料サーバーに比べるとサービスが悪かったり、エロサイト系のアヤシイ業者にメールアドレス売られたかなと思うような事態が起こったりするので困る。

実際、今はなきジオシティーズもヤフーのデカい広告バナーが入ったりしていたものである。
各種レンタルブログは攻略wikiよろしくアドブロックなしでは見る気にもなれない惨状なのはご存じの人も多いだろう。
レンタルサーバーの場合はテキスト広告だったりスマホからの閲覧時だけバナー広告が入ります、みたいな仕様のところが多い。

しかしせっかく自分のサイトを作るのだから、広告の入らない、パッと表示される環境で見てほしいもの。

というわけで今回は、個人サイト向けレンタルサーバーの定番さくらのレンタルサーバ

をご紹介。

さくらインターネットというのは、1996年からサービスを提供し続けている個人向けレンタルサーバーのなかでは古株に入る会社である。
(さくらインターネットとしての営業は1999年から)
wordpress抜きの安いプランでは129円から、wordpressを使うなら515円からプランがあり、大体缶ジュース一本分でサイト運営を始められる。

特徴的なのは各種追加サービスがあることだ。

まずはマルチドメイン機能。
一つのサーバーの中に複数のフォルダを作るような感じで、アドレスの違う別サイトを同時に管理できる。
わざわざ別口でサーバーを借りなくても、余ったスペースでサイトをホイホイ立てられる。
一番安いプランで20個作れる、というのでもすでに十分じゃないかと思ってしまうぐらいである。

同じように空き容量を活用する機能としてさくらぽけっとという機能もある。
icloudやgoogle photoのように、画像や動画を保存する場所として使えますよ、という奴だ。

スタンダード以上の機能としてはモリサワのwebフォントを無料で使えるサービスも嬉しい。
同人誌でフォントにこだわったことがある人にはお分かりだろうが、フォント一つで見た目も読みやすさもだいぶ違ってくるもの。
webフォントというのはざっくりいうとモリサワのサーバーからデータを引っ張ってくる形で指定したフォントが表示されるというシステム。
小説の表示にこだわりのある人にお勧めしたい。

どのプランも2週間お試し期間があるので、ちょっとpixivに載せているものをまとめておく場所が欲しい、という方は是非一度。