iPhoneレンタルのiSharingを使ってみた感想 03


1ヶ月ほどiSharingを使ってみた感想とiSharingの利用をお勧めしないわけ7選

ちょっとだけ使ってみたい、というときには便利なサービスだとは思うものの、使ってみた感想としては他人におすすめしたいとは思えない感じ。
何故かというと、まあ、いろいろサービス元に問題があったりしたわけで。

1.連絡その他が雑

発送期間最終日の夜にようやく発送連絡が来るまで何の連絡もないまま半月ほど待たされた、というのがまず一つ。
それもiSharing(あいりぺ)からではなくヤマト運輸から一通来たきりで、先にお金を払っているにもかかわらず何の連絡もなし。

詳しく書くと、自分はiPhone5sとiPhone6 Plusの両方を申し込んだ。
受け付け開始の連絡が来たのは料金が高いiPhone6 Plusの方のみで、それもお金を払った後は一切連絡なし。
これはちょっといただけない。

ツイッターのアカウントもあるものの、特に発送状況について呟くなどのこともなく、自サービスに関する良い評価をリツイートするだけのBotと化している。
2カ月ほど何の動きもない状態だったところから久々に動いたと思いきや

025

ツイッターのアカウントの使い方間違えてやしませんかねえ。
修士論文ってことは現在バイトが動かしてるんでしょうか、このアカウント。

2・コンプライアンスがガバガバ

上の画像の呟きにも言えることではあるが、関係者のコンプライアンスがガバガバ。
(※コンプライアンスとは:要は企業倫理、企業の道徳。
バカッターしない、お金儲けのためにお客様をだますようなことをしない、公私混同しない、など。
近頃はアルバイトや派遣社員でも研修を受けさせるところが多い)
026

027
こういうことは本来iSharingのアカウントでツイートすべきことであって、関係者の個人アカウントで流すようなことではないはずなんだけれども……。
特にiSharingのアカウントでRTしているわけでもないので、公式アカウントだけ追いかけてたら多分わかんないというね。
この辺のだらしなさ加減がちょっと信用ならない、というのがデカかった。

028

ちなみに上の関係者らしい人のIDでググるとはてなブログが引っ掛かる。
記事を見る限り会社としても割と勤怠ガバガバなんだなあ……。

3.所在が不確定

029
iSharingのサービス元であるあいりぺの住所。
実はこれ『パセラのコワーク』という貸しオフィス。
パセラというのは都内を中心にカラオケ店を運営している会社で、新宿でカプコンバーをやったりもしている。
連絡先については1番にLINEを挙げていて、『LINEなら即返事返すけどメールだとすぐには返さないからね☆』と公言していた。
これの何が問題かっていうと、

自前のオフィスがない→商品のiPhoneや預かった個人情報どう管理してんの?

という問題になる。
まさか貸しオフィスのロッカーにiPhoneみたいな高額アイテム突っ込んでおくわけでもないだろうし、となるとスタッフの自宅?

030

そんなところに顔写真付き身分証明書のコピー預けるの?
というか、企業相手にもLINEでの連絡を求めているあたり情報管理のダメっぷりが透けて見える気がするのは気のせいだろうか。

4.金額や手続きがコロコロ変わる

自分がiPhone6 Plusをレンタルした時は月額3219円(税込み)だったのが現在では値上がりしている。
031
現在では同じiPhone6 Plusで税込み5378円。
自分が解約したのが10月の話なので1ヶ月で2000円も値上がりしている。
加えて申し込み方法もころころ変わっていて、SPIKEという決済サイトを通しての申し込みになったり自社サイトのフォーム経由になったりと安定しない。
おそらくSPIKEの手数料的な問題なんだろうけれども、もう少し落ち着けよという話である。

5.契約内容の管理がダメダメ

解約の連絡を入れてiPhoneを送り返した後、到着のメールが来た時の事。

『追加のお支払いはありません、ご利用ありがとうございました』

というメールが届く。
さてここで思い出していただきたいのは自分は初月無料のオプションが付いた事前申し込み組だということである。
ところがどっこいここで帰ってきたのは追加の支払いに関する連絡だけで、初月でやめた場合は返金となっていた分についての連絡は一切ない。

おいおい忘れたと思って持ち逃げですか?ん?

初月無料はどないなってんねんとツッコんでみたところ、

『自動で定型文を送ってるので許してヒヤシンス☆』

ブツの到着を確認してから送ったメールがあれですか、ふーん……。
いや、これこっちが初月無料の話出してなかったら確実にしれっと追加収入ゲットだぜってやってたやつですわ。

6.盗権乱舞とかPCデポと同類項

コンプライアンスの問題に戻ってしまうのだが、どうもこのあいりぺという会社、ベンチャーらしく派遣社員でもアルバイトでもまず教育されるようなことを知らない感じ。

  • ポケモンGOでの一攫千金を狙ったのかURLにPokemonといれたサイトを作って客寄せ(今はポケモン公式に怒られたのかググっても見当たらない)
  • ファビコン(ブラウザのタブに出てくるアイコン)にモンスターボールを入れて刀剣乱舞盗権乱舞よろしく他人の商品で一目を轢こうとする(ブログで書いたらこっそり消してた)
  • 盗品売買疑惑のあるPCデポと同様古物売買の許可番号が公安委員会のサイトで見つからない

うん、もうね、お察しください。

7.自分で買った方がいい

えー、値上がり後のレンタル価格を見るに、これはもう自分で買った方がいいレベル。
アップルの公式通販なら12回までの分割払いは金利かからないキャンペーンもあるし、iPhoneSEでよければ5万円切ってるし。
どうせiSharingで来るのは中古のiPhoneなので、自分で(新品でも中古品でも)買ってカバーとフィルムを付けて使った方がいい。
この先料金がぽいぽい値上がりしていく可能性が高いので、支払額の変更に悩まされる心配もある。
何より以前は必要なかった顔写真付き身分証明書のコピーについても、貸しオフィスであること、勤怠や各種情報管理のだらしなさを考えれば預けるのは不安が大きい。
(借金の連帯保証人にしてドロンとか、勝手にクレジットカードや口座を作られるとか、悪用の仕方は結構ある)

以上レポートでした

これらの理由から現在のiSharingの利用はオススメできないので、ソフマップとかアマゾンで中古を探すか公式通販でSimフリーのを買って格安Simを挿すのがいいと思う。
夜猫は悩んだあげくにSimフリーのiPad mini4を買いましたがこっちでよかったとさえ思う。
仕事中に持ち歩くほうのスマホは冬の新機種を見てAndroidにトライするつもりだし、何よりキーボード付けたときの原稿のしやすさが桁違い。
アプリの充実度も違うし。

ちなみに、Freetelという格安SIMの会社がアマゾンで自前のストアを開いている。
Freetelのアウトレットストア
ちゃんとチェックしたうえで出しているそうなので、よくわからないという人はここで探してみるのもいいかも。